【解説】MVCモデルとは?メリット・デメリット

システム開発においての設計方針の一つに「MVCモデル」というものがあります。

このモデルは「Model」「View」「Controller」の3つに分けてコードを管理するものです。

MVCモデルのように役割ごとにコードを分けることで分担作業を行いやすく、システムの保守性や生産性につなげることができます。

この記事ではシステム開発の発注をご検討されている中で「MVCモデルって何?」「その設計を行うことでどういうメリットがあるの?」という疑問を持たれている方に向けて解説いたします。

MVCモデルとは

MVCモデルとは、プログラムを役割ごとにModel(モデル)・View(ビュー)・Controller(コントローラー)の3つに分けて管理するソフトウェア設計モデルのことです。

システムの保守性や生産性の向上を図ることができます。

Model・View・Controllerの頭文字を取ってMVCモデルと呼ばれます。

Model・View・Controllerはそれぞれ次の役割を担っています。

Model・View・Controllerとは

Model

ビジネスロジックを担当する部分です。

DBとデータをやり取りしたり、データの登録・更新・削除などの処理を行います。

DBから取得したデータや処理の結果はControllerに送ります。

View

表示や入出力などのユーザーインターフェースを担当する部分です。

HTMLなどユーザーが実際に見る画面にあたります。

リクエストデータをControllerに送ったり、Controllerからレスポンスデータを受け取って画面に表示したりします。

Controller

ModelとViewの制御を担当する部分です。

Modelにデータ処理の指示を出したり、Viewに画面表示の指示を出したりします。

MVCモデルの例

ECサイトで商品を購入した場合

ビジネスロジック = 商品の購入処理

    1. View ユーザーが商品を選択して購入ボタンをクリックする
    2. Controller ユーザーの購入情報をViewから受け取り、Modelに購入情報の登録を指示する
    3. Model ユーザーの購入情報をDBに登録し、登録処理の結果をContorllerに返す
    4. Controller Modelから登録処理の結果を受け取り、購入完了画面をViewに送る
    5. View 購入完了画面を表示する

    メリットとデメリット

    MVCモデルには次のメリットとデメリットがあります。

    メリット

    保守性の向上

    コードが役割ごとに独立しているため、Viewでバグが発生した場合でもControllerやModelに影響はなく、影響を少ない範囲にとどめることができます。

    また原因もより早く特定できます。

    生産性の向上

    コードが役割ごとに独立しているため分かりやすく、効率的にコードを管理できます。

    作業の分担やコードの変更・修正もしやすくなります。

    デメリット

    処理速度の低下

    コードが分割されているため、処理のスピードが遅くなる場合があります。

    またオブジェクト間でやり取りをするため制約も設けられます。

    分割作業の発生

    コードが役割ごとにしっかりと分割されていない場合、分かりにくいコードになってしまいます。

    そのためコードを分割するための手間が発生します。

    MVCモデルのまとめ

    MVCモデルについて解説いたしました。

    • 「MVCモデル」とは、プログラムを役割ごとにModel(モデル)・View(ビュー)・Controller(コントローラー)の3つに分けて管理するソフトウェア設計モデルのこと
    • 役割ごとにコードを分割することでシステムの保守性や生産性の向上を図る。
    • デメリットとして処理速度の低下や分割作業の発生が上げられる。

    末永くご満足いただけるシステムを開発

    メディアファイブでは「システムは使いやすく長く付き合えることが大事」だと考えています。

    大変ありがたいことに、メディアファイブが開発したシステムは、ほぼ全てのお客さまから納品後の追加発注をいただいております。

    中には、機能の追加・変更をしながら10年以上お付き合いいただけているお客さまもいらっしゃいます。 これは「メディアファイブが開発したシステムにご満足をいただけた証」と光栄に思っております。

    また、お打ち合わせはアットホームな雰囲気を心掛けており、システムに関係のないご相談を受けることもあります。

    「IT用語に詳しくない…」というお客さまでも問題ありません。分かりやすく説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

    システム開発の発注をご検討されている方はぜひ、メディアファイブにお問い合わせください!ご相談は無料です。

    東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

    メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

      ご担当者名必須

      ご担当者メールアドレス必須

      ご担当者電話番号

      御社名必須

      御社ウェブサイトURL

      お問い合わせ内容必須

      ご希望のご連絡方法

      当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

      >システム開発会社をお探しですか?

      システム開発会社をお探しですか?

      メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
      また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

      CTR IMG