1996年創業のメディアファイブ株式会社では、東京・福岡を拠点にシステム開発(SI事業)から 中小オフィス向けIT支援サービスまで、幅広いITソリューションをご提供しています。

OSSを併用した開発は可能ですか

OSSを併用したシステム開発を検討されている方に向けて、そもそもOSSとは何なのか、利用する際のメリットとデメリットを簡単に説明します。

OSSとは

OSS(オープンソースソフトウェア/Open Source Software)は開発元からソースコードが無償で公開されているソフトウェアのことです。利用、改変、再配布等も無償で可能です。

似ているソフトウェアの例としてフリーウェアがありますが、ソースが公開されておらず、改変、再配布を禁止されている場合があります。以上の点からOSSは制約が少ないソフトウェアです。また、ソースコードが公開されているため、世界中のユーザーによって機能追加や修正などが常時行われています。

OSSを利用した際のメリット・デメリット

OSSを利用した場合のメリット

コスト削減につながる

OSSはライセンスが無償です。そのため複数有料ライセンス契約を行う必要が無くライセンスの違反使用等の管理をする必要が無いため、結果的に工数の削減に繋がります。

信頼性・安定性がある

ソースコードが公開されているということは、不正なプログラムやセキュリティの脆弱性があった場合に修正することができるということです。また、開発元の閉鎖によって使えなくなることがありません。メンテナンスをほかのユーザーが行うことができます。

カスタマイズが可能

ソースコードの改変が可能なため、開発スキルさえあれば自由に機能の追加、開発や修正などを行うことができます。

OSSを利用した際のデメリット

知識とスキルが必要

ソースコードを読み解く必要がある修正が発生した場合に、プログラミングの知識が問われます。そのため、一定の開発スキル、知識のある技術者がいなければ利用は難しいです。

開発元からのサポートが少ない

OSSは開発元からサポートされる保証がありません。不具合が発生したとしても自己解決する必要がある場合もあります。

ライセンスの準拠が必要

OSSは完全にフリー(自由)なソフトウェアではなく、ライセンスが存在します。各OSSごとのライセンスに従う必要があるでしょう。

OSSのまとめ

OSSのまとめになります。

  • OSSは利用、改変、再配布等が無償で可能なソフトウェア。ソースコードも公開されている。
  • コスト削減や、カスタマイズの柔軟性がある。
  • プログラミングの知識のある技術者がいなければ、開発元のサポートが受けられないため、問題解決が困難。

メディアファイブ株式会社ではOSSを併用した開発も可能です。検討の際にはお気軽にご相談ください。

システム開発会社をお探しですか?

お客さま
システムの開発コストが不安…
システム開発会社
メディアファイブでは、予算を抑えたシステム開発のご提案も可能です。
関連記事

システム開発を発注する際、予算はできる限り抑えたいものです。発注者側からも対策できるシステム開発の費用対策に関して簡単にご説明します。システム開発の費用を抑えるにはシステム開発のかかる費用を少なくするには「人件費」を抑えることが必要[…]

お客さま
システムを運用できるか不安…
システム開発会社
メディアファイブでは、開発後の運用までを含めたワンストップサービスのご提供が可能です。
関連記事

システムは開発が完了して終わりではありません。そのシステムを実際に動かして利用してからが、本番かと思います。しかし、システム稼働には常にトラブルがつきものです。急な不具合や環境によるシステムの停止等が起こります。それによ[…]

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

>システム開発会社をお探しですか?

システム開発会社をお探しですか?

メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

CTR IMG