システム開発の流れ

一般的にシステム開発は、

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 開発
  4. 納品
  5. 運用

という流れで進めます。

システムの開発モデル

システム開発と一口に言っても、その開発の進め方に唯一の正解というものは存在しません。お客さまの企業文化や、開発する業務システムの内容、開発の期間・予算などのリソースに応じて最適な方法を選ぶ必要があります。

要件定義フェーズでやること

要件定義では、文字通り「要件」を「定義」します。要件とは「お客様が必要とする条件」を指します。言い換えると「システムによって解決すべきお客様の課題・目標」と言えます。

設計フェーズでやること

設計では、文字通り完成時のシステム仕様を「設計」します。設計は「基本設計」と「詳細設計」の大きく二つに分けられます。基本設計は外部設計とも呼ばれ、文字通り外部(お客様に見える外側の部分)の設計です。それに対して詳細設計は内部設計とも呼ばれ、文字通り内部(お客様に見えない内側の部分)の設計です。

開発フェーズでやること

開発では、文字通り設計に沿ったシステムを「開発」します。開発後のテスト(単体テスト・結合テスト・システムテストなど)も行います。

納品フェーズでやること

納品では、文字通り開発されたシステムをお客さまに「納品」します。お客さまの受入テストにて、「設計通りとなっているか」「要件を満たしているか」の検収が行われます。

運用フェーズでやること

運用では、文字通り納品されたシステムをお客様が「運用」します。システムは完成がゴールではありません。お客様の課題・目標を解決し続けるには、システムをうまく運用し、保守し続けることが重要です。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG