要件定義フェーズでやること

現在の業務の問題点を洗い出して、何(どこ)をシステム化するのかを決めるフェーズが、この要件定義です。
このフェーズで決定した要件をもとに「要件定義書」を作成し、開発を進めるための期間や人員の計画を進めていきます。
システム開発では、ユーザからの要求を実現させるのがゴールとなりますので、お客様との認識が合うように、しっかりお打合せを行います。

要件定義書のポイントは、次の通りです。


1.内容がわかりやすい

実際にシステムを利用するのはお客さまですので、専門知識がなくてもわかりやすい文章で記載されている必要があります。

2.解決策が明確

要件定義の目的は、要求をどのように実現させるかを明確にすることです。
どのように解決するか明確に記載されていれば安心できますよね。


メディアファイブでは画面や機能のひとつひとつに対して、どの工程にいくらかかるのか、ひとめで分かるよう作成しています。
高い買い物だからこそ、納得して注文してほしいと思っています。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG