「データ移行」とは?システム導入作業の依頼について

納品検収が終わり、開発が完了としても、「システムの操作方法が分からない!」「元々あるデータを新しいシステムに移行したいんだけど、依頼できないだろうか」とシステム導入時の作業の外注を検討される方もいるかもしれません。

そういったシステムの導入作業のサポートを依頼することはできるのでしょうか。

システム導入時の作業は見積費用の項目の中に含まれていることがあります。項目の記載があればサポートが可能です。

また、既存データを新しいシステムに移動させることを「データ移行」と言います。「データを移動させるだけだから複雑な作業ではない」と思われるかもしれませんが、データをそのまま持っていける場合なら問題ないかもしれませんが、多くの場合は変換作業が必要だったり、正確かつ計画性のある作業が求められます。

システム開発の発注を検討されている方に向けて、「データ移行」を中心に、システム導入作業に関して解説します。

システム導入時のサポートについて

操作手順のマニュアル作成やデータ移行といった導入作業は依頼することはできます。

ただし、導入作業にも工数が発生するため、別途費用がかかります。見積費用の項目の中に含まれているか確認しましょう。

今回はその中でも既存データを新しいシステムに移動させる、「データ移行」を中心にご説明します。

「データ移行」とは

システム開発において、「移行」とは「マイグレーション(migration)」とも言われ、システムやアプリケーション、ソフトウェアを別の環境に移動させることを指します。

似たような言葉で「コンバージョン(conversion)」という用語がありますが、IT分野ではデータを元とは別の形式に変換を行う「転換」の意味合いが強く、新しい環境に移行するマイグレーションとは異なる意味になります。

そして、「データ移行」とは、「データマイグレーション(data migration)」と言われており、既存のデータを新しいシステムに移動させることを指します。

データ移行の作業について

ただデータを移動させるだけなので、そんなに複雑な作業ではないように感じますが、使われているデータ形式が異なっている場合は変換作業を行ったりと、データを移動させる以外にも調査や作業が発生します。そのため、コストもかかります。

データ移行を成功させるには綿密な調査と計画が必要になります。

移行の際には、発注者と開発者で移行が必要なデータはどれに当たるか明確にする必要があります。

データ移行の工程

データ移行の工程は一般的に次のように進行します。

移行対象の既存システム、既存データの調査

データが使われている既存システムと既存のデータやファイルの形式やデータ容量などを調査します。

また、「データクレンジング」を行います。

データクレンジング

表記ゆれや破損データ、欠けているデータを整理し、分析をする際に形式の整ったデータになるように加工をすることです。

この際あらかじめ発注者側である程度データを整形、整理しておくことで効率化できます。必要なデータの整理はしっかり行うことが重要です。

移行計画書作成

移行計画書とはその名の通り、移行をどこで、誰が、どのように行うかを記したものです。

移行リハーサル

移行リハーサルは、移行作業の実施手順をあらかじめ確認を行うことです。移行作業を実施した際に、問題なく移行ができるかを確認します。

リハーサルを行うことで移行時間の測定を行い、予定の稼働時間内に移行が完了するか確認します。そのため、リハーサルは本番の環境に近い状態で行う必要があります。

移行作業実施

移行作業を実施します。

システム導入後のサポート

システムは導入して終わりではなく、実際に稼働してからも問題なく稼働するよう管理する必要があったり、トラブルが発生することも多々あるので、その後の運用保守が必要になります。

発注先によって納品後の運用保守のサポートがあるかは異なります。

関連記事

システム開発の依頼を検討されている中で「開発が終わった後も引き続き、サポートを依頼したい」と思われている方もいるかもしれません。システムは開発が完了して終わりではありません。そのシステムを実際に動かして利用してからが、本番になります[…]

メディアファイブは納品後の運用保守のサポートも可能です。

システムの納品後、弊社サービスの「オフィスドクター」で保守契約を結んでいただくこともあります。

ひとり情シスのオフィスをお助け『オフィスドクター』

上場企業であるメディアファイブが提供する、月額1万円と少額から始められる「情報システム部(情シス)のアウトソーシング(外…

システム導入時のサポートは可能

システム導入時のサポートは可能です。

  • 操作手順のマニュアル作成やデータ移行を依頼する際は、見積に導入作業の費用が含まれているか確認する。
  • 「データ移行」とはデータを既存のデータを新しいシステムに移動させること。
  • データ移行が必要な際は、必要なデータがどれに当たるかは発注者側でも確認する。
  • メディアファイブではシステム導入後の運用保守サポートも可能。

メディアファイブでは、導入時の手順書や作業についてもご要望に応じて対応致します。お打ち合わせの際にご相談ください。

また、メディアファイブでは「お客さまのお話をたくさんお聴きすることが良いシステムを作る」と考えています。お打ち合わせではアットホームな雰囲気を心掛けており、お客様から「話しやすい」と評価を頂いております。システムの導入時のご不安や懸念等もご遠慮なくお聞かせください。

システム開発の発注をご検討の方はぜひ、ご相談ください。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG