システム開発の「成果物」とは?「ドキュメント」も解説

システム開発の工程の中では設計書等様々な「ドキュメント」が作成されます。

発注者側として「確認のため、ドキュメントを提出してほしい」等様々な理由で成果物の提出求めることがあるかと思います。

必要な「ドキュメント」の提出を発注者から求められた際、開発会社は「ドキュメント」を「成果物」として発注者へ納品します。「成果物」とは工程や作業の中で作成されたもののことを指し、実際に納品されないもののことも指す場合があります。

システム開発の発注を検討されている方に向けて、システム開発においての「成果物」「ドキュメント」について解説します。

システム開発においての「成果物」とは

「成果物」とはシステム開発の作業や工程の中で作成された設計書やプログラム等の作成物を指します。

システムそのものが納品されるだけではなく成果物として開発会社から発注者に提出されることがあります。

また、提出されるものは同じなため、混同しやすいですが、「成果物」と「納品物」は別のものになります。

  • 「成果物」はドキュメント類等システム開発の工程の中で作成された制作物を指す。
  • 「納品物」は発注者に納品されたもののことを指す。

そのため、どの成果物が納品されるかどうか、何を成果物として取り扱うかどうかは、システム開発の最初の段階で明らかにする必要があります。

契約による成果物の納品義務

開発会社との契約形態によって、成果物の提出は異なります。請負契約は成果物の評価によって支払いが行われ、準委任契約はエンジニアの労働時間に支払いが行われます。

  • 「請負契約」の場合、契約で定められた成果物の納品が義務となる。
  • 「準委任契約」の場合、成果物の納品は必須ではない。
関連記事

システム開発を発注を検討する際に「支払はどのタイミングなんだろう」「『請負契約』『準委任契約』ってあるけどなにが違うの?」等、特にIT業界は未経験の方は思われることがあるかもしれません。「予算が決まっているのでプロジェクトの完成時点[…]

「ドキュメント」とは

システム開発においてドキュメントはシステムに関しての仕様や設計等を記録したものになります。

メディアファイブでも設計書・テスト結果をドキュメントとして作成しております。

ドキュメントを作成し文書を残すことで開発経緯を証拠として残すことができ、「言った」「言っていない」のギャップを減らすことに繋がります。

そのため、円滑にシステム開発を行うためにはドキュメントの作成は重要になります。

各工程の中でのドキュメント

システム開発は次のように進みます。

各工程の中で様々なドキュメントが作成されます。

工程に関しての詳しい説明は下記ページで説明しています。

関連ページ

一般的にシステム開発は、 要件定義 設計 開発 納品 運用という流れで進めます。システムの開発モデルシステム開発と一口に言っても、その開発の進め方に唯一の正解というものは存在しません[…]

ここでは主な資料に関して簡単にご説明いたします。

「RFP(提案依頼書)」とは

「RFP」とはRequest for Proposalの略で、プロジェクトが発足する前、開発会社の選定の際に作成されることの多い資料になります。

発注者が開発したいシステムがどのようなものか目的や要件をまとめた資料になります。

発注者から開発者に向けて作成されるものなので成果物とは異なります。

「要件定義書」とは

要件定義の工程で作成される資料です。

RFP提出後具体的にどのようなシステムを開発するのかヒアリングをし、双方の解釈のズレが無いようその項目を洗い出した資料になります。

開発者が発注者に提示します。

「外部設計書(基本設計書)」とは

外部設計(基本設計)の工程で作成される資料です。

機能や画面レイアウトなど実際にシステム組み込む際にどのような形になるかを記した設計書になります。

発注者の合意の下、開発会社がシステムの仕様に要件を落とし込みます。

「内部設計書(詳細設計書)」とは

内部設計(詳細設計)の工程で作成される資料です。

外部設計で定めた機能をどのように開発(プログラミング)するかどうかを記した設計書です。

開発会社で作成されます。

「テスト仕様書」とは

テスト工程の際に作成される資料です。

テスト項目と結果がまとめられた資料です。

主に単体テスト仕様書、結合テスト仕様書、運用テスト仕様書などが作成されます。

「成果物」「ドキュメント」について

成果物、ドキュメントに関して解説いたしました。

  • 「成果物」とはシステム開発の中で作成されたドキュメント等の制作物を指す。
  • 「成果物」は各工程や作業それぞれで存在しており、発注者が求めれば、開発会社は提出する。
  • 「ドキュメント」とはシステムに関しての仕様や設計等を記録したものを指す。

ドキュメントの作成は発注者、開発者の円滑な開発を促すためにも重要です。

メディアファイブではご要望ご依頼が無い場合でも、設計書・テスト結果の作成をしております。完成図書として納品いたしますので、ご安心ください。

また、メディアファイブでは「お客さまのお話をたくさんお聴きすることが良いシステムを作る」と考えており、お打ち合わせはアットホームな雰囲気を心掛けております。成果物に対してのご希望やご不明な点に関してもお気軽にご相談ください。IT分野に詳しくなくても問題ありません。分かりやすくご説明いたします。

システム開発の発注をご検討されている方はぜひ、ご相談ください。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG