システム開発の契約に関して請求・支払方法から解説

システム開発を発注を検討する際に「支払はどのタイミングなんだろう」「『請負契約』『準委任契約』ってあるけどなにが違うの?」等、特にIT業界は未経験の方は思われることがあるかもしれません。

「予算が決まっているのでプロジェクトの完成時点で支払いを行いたい」、「工程ごとに支払いを行いたい」等、支払い方法を検討したい場合もあると思います。

まず、請求、支払い方法は契約によって異なります。契約形態は主に「請負契約」と「準委任契約」があります。

「請負契約」がシステムが完成された時点で支払いを行う契約、「準委任契約」がエンジニアの労働時間に対して支払いを行う契約です。契約ごとに責任範囲や向いているプロジェクトが異なります。

また、支払いタイミングの異なる「一括契約」「多段階契約」があります。

システム開発の発注を検討されている方に向けて、よく扱われる契約形態に関して分かりやすく説明します。

システム開発の契約の種類

システム開発の契約方法は主に下記のようなものがあります。

  • 「一括契約」発注からシステム完成まで一括で契約を行う。
  • 「多段階契約」各工程で分割し、契約を行う。
  • 「請負契約」完成したシステムに対して支払いを行う。
  • 「準委任契約」エンジニアの労働時間(作業工数)に対して支払いを行う。

それぞれで支払いのタイミングは異なります。

「一括契約」と「多段階契約」とは

システム開発には各工程があります。

関連記事

一般的にシステム開発は、 要件定義 設計 開発 納品 運用という流れで進めます。システムの開発モデルシステム開発と一口に言っても、その開発の進め方に唯一の正解というものは存在しません[…]

「一括契約」と「多段階契約」は一度に契約する工程の範囲が異なります。

一括契約(一括請負契約)とは

一括契約は発注からシステム開発の完成時点まで一括契約する契約形態になります。

そのため、多段階契約に比べると初期費用が多くかかる場合があります。

コストが最初から決められるため、予算があらかじめ定められていたり、仕様変更や検討がいらないプロジェクトに向いています。

多段階契約とは

システム開発を工程で分け各工程で契約締結を行う契約になります。

一括契約よりも見積を正確に行いやすく、また、工程ごとに請負契約、準委任契約が選択できます。

そのため、スケジュールの調整がしやすく、修正等があった場合の見直しも一括契約よりも容易に行うことができます。より柔軟な対応ができる契約と言えるでしょう。

ただ、工程ごとに契約の締結が必要なこと、全体の予算を読み取ることが難しい契約形式になります。

「請負契約」と「準委任契約」とは

「請負契約」と「準委任契約」は支払いを行うタイミングが主に異なります。

請負契約とは

請負契約はシステムが完成され成果物として納品された時点で支払いを行う契約です。

開発者はシステム完成義務があり、完成しない場合報酬の支払いは行われません。また、発注者の認識できない範囲でシステムに欠陥があった場合には開発者に契約不適合責任が生じます。

発注者側のメリットとしては、完成義務があるということは、確実に成果物としてシステムが納品されるということです。要件がしっかりと定められていれば、求めていたシステムが納品されます。システムが完成しないというリスクはありません。

ただし、発注者は指揮命令権を持たず、開発者に対して指示を出すことはできません。完成時点での評価で報酬を支払います。

要件が既に決まっており納品物が確定している場合は、この契約が向いています。

準委任契約とは

準委任契約は依頼されたエンジニアの労働時間に対して支払いを行う契約です。

請負契約と異なり、成果物に対して報酬を払うわけではないため、仕様変更が起きる可能性のあるものや、要件が定まっていないものは準委任契約が適しています。

ただ、準委任契約では開発者は完成責任が無く、契約不適合責任も問われません。

また、派遣契約と異なり発注者は指揮命令権がありません。

仕様の変更が発生する可能性のあるプロジェクトに向いています。

システム開発の支払い方法に関して

システム開発の支払いにはいくつか種類があります。

  • 「請負契約」は要件が既に固まっているシステム開発に向いている。
  • 「準委任契約」は仕様変更を伴うシステム開発に向いている。
  • 「一括契約」はコストをあらかじめ定めることができる。
  • 「多段階契約」は見積を正確に行うことが可能。

どの契約にもメリットデメリットがあるため、開発したいシステムの状況によって適した契約を締結することが必要になります。開発会社と相談し、リスクを抑えた契約を行いましょう。

なお、メディアファイブではシステムの検収後、翌月末現金支払いです。

システム納品後、通常は約1ヶ月の検収期間をとるため、納品後から換算すると、約2ヶ月後の支払いイメージとなります。初期投資を抑えるリースのご契約も可能です。

また、メディアファイブの作成する見積は明朗会計です。

非IT分野で事業されているお客様でシステム開発の費用感に不安をお持ちの方でも、十分に納得してご発注いただけるよう、分かりやすい項目立てを心掛けております。

画面・機能や工程ごとの金額が一目で分かり、「今回はこの機能開発を見送って予算を抑える」など、段階を分けたご契約のご相談も可能です。

システム開発の発注をご検討の方は、ぜひご相談ください。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG