システム開発の初期費用を抑える方法を簡単に解説

システム開発の発注を検討していく中で、「ある程度はコストを抑えたい…。」と考えられている方も多いかと思います。外注する際でも、できる限り予算は抑えたいものです。

そもそも、原価の存在しないシステムでなぜ費用が多額にかかるかというと、その多くは「人件費」によるものです。

転じて「人件費」を抑えることができれば、初期費用は抑えることができます。「人件費」は大まかにエンジニアの単価と工数で構成されます。工数は発注者でも工夫次第で抑えることが可能です。

発注者側からも対策できるシステム開発の費用対策に関して簡単にご説明します。

システム開発の費用を抑えるには

システム開発のかかる費用は主に「人件費」からなるものです。人権費の中の「工数」を抑えることで、コストを抑えることができます。具体的には次のような対策があります。

  • 要件を明確にする。
  • 業務をパッケージ開発に合わせる。
  • 開発開始時は機能を最小限に絞る。
  • 複数の企業から検討する。

工数を抑える対策について詳しく紹介します。

費用を抑えるための対策

開発に費用がかかる理由

費用の相場は規模や開発するシステムによっても異なります。ですが、システム開発は決して安くはありません。

原価となる「モノ」のないシステム開発のどこに費用がかかるのでしょうか。

その費用の多くは「人件費」です。人件費は主に「エンジニアに対する単価」と「工数」によって割り出されます。

関連記事

システム開発を外注しようと考えられているとき、「費用が高い!」と感じることがあると思います。実際に「モノ」の存在しないシステムが、なぜ高くなるのでしょうか。どこに費用が掛かるかというと「人件費」です。具体的にはエンジニア毎へ[…]

よって、人件費を抑えることで予算は抑えることができるのです。

人件費の中でもエンジニアに対する単価は開発側の調整になるかもしれません。ですが、工数は発注側からも対策を行うことで抑えることができます。

具体的な対策例

要件の明確化

要件を明確にすることで、予算を抑えることができます。

先に自社がどのようなシステムを望んでいるか要求要望や必要な機能の洗い出しを行うことで、スムーズなイメージ共有ができ、打ち合わせの工数を抑えることができるでしょう。

開発側と発注側のシステムのイメージのすり合わせは非常に重要です。要件定義時点までに要求、要件を明確にすることで、認識のズレを防ぐことができるため、修正の工数を防ぐこともできます。

関連記事

システム開発を外注する際に「予算通りに費用が収まるだろうか…」と不安に思われている方もいるかもしれません。開発は予定通りに進行しないことも少なくありません。そのため、予算以上のコストがかかってしまいプロジェクトが失敗してしまうことも[…]

パッケージ開発に準じた業務形態の検討

既製システムを利用して開発することを「パッケージ開発」と呼びます。(全てを一から作る開発は「スクラッチ開発」になります。)パッケージ開発を行うことで、既にあるシステムを使って開発するため、一から開発をする必要がありません。

そのため、スクラッチ開発よりもスムーズに開発を進められます。

また、既存のシステムを利用するため、動作する環境さえ整っていれば、導入も短期間で行うことができます。

ですが、柔軟性は低くなり、パッケージ開発に業務形態を合わせなければいけない側面もあり、独自性の高いシステムを開発したい場合は、そもそもパッケージ開発は向きません。

そのため、開発したいシステムに合わせて検討が必要になります。

最小限の機能での開発

初期費用を抑えるためには、スタート時点では機能を少なくすることが対策として上げられます。

多機能になればなるほど、開発期間や工数はかかります。そのため、初めに最低限の機能のみ開発することで、費用を抑えられます。システムを早くに公開しユーザーの評価を見た後に、機能を検討する際にも有効です。

複数の企業から検討

同じシステムを開発するとしても企業によって予算は異なります。複数の企業の見積から比較し検討することをおすすめします。

さらに見積の際には開発したいシステムのイメージ、要求を明確にしておくと、開発会社も正確な見積が出しやすくなります。

開発会社の選び方に関して詳しくは下記記事で説明しています。

関連記事

システム開発を行っている企業は多数存在します。そのため、どういった企業に開発を委託すれば良いか悩まれることも多いでしょう。「とりあえず、安く受けてくれるところを探そう」と明確な指針が無いまま、依頼すると結果的に予算超過、最悪の場合は[…]

開発費用は抑えることが可能

システム開発にかかる費用は人件費の中の「工数」を抑えることで少なくすることができます。

  • 要件を明確にし認識のズレをなくすことで、打ち合わせ等の工数を減らす。
  • パッケージ開発を行ったり、機能を最小限にすることで開発の手間を少なくし、作業工数を減らす。
  • 費用は開発会社毎にことなるため、複数の企業から比較検討する。

以上のことからシステム開発の費用を抑えることは可能です。

メディアファイブでは、初期費用を抑えたいお客様にシステムの完成の道筋を共有し、フェーズを分けて完成に近づけていくシステム開発をご提案させていただきます。

メディアファイブの見積書は分かりやすい項目立てを心掛けております。画面・機能や工程ごとの金額も一目で分かるので、予算を抑えたい場合は機能を見送る等のご契約も可能です。

非IT分野で事業をされているお客様からすると、システム開発の費用感にご不安をお持ちかと思いますので、十分に納得した上でご発注いただきたいという想いから、見積は明朗会計になっております。

システム開発の発注をご検討されている方は、ぜひご相談ください。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG