発注側から知る「要件定義」や「基本設計」の打ち合わせの説明

システム開発の工程の中には発注者が参加する必要のある打ち合わせがいくつかあります。

代表的なものでは、要件定義、基本設計が上げられます。この二つはどのようなシステムを作るか開発者と認識を合わせる工程でもあり、プロジェクトの成功において非常に重要な工程です。

このシステム開発の要件定義や基本設計の打ち合わせとはどのようなものなのか、システム開発の依頼を検討されている方に向けて、簡単にご説明します。

どの段階で打ち合わせが発生するのか

開発するシステムの目的や必要機能等のイメージのすり合わせを行うために、発注者と開発者の間では打ち合わせが行われます。

  • 要件定義
  • 基本設計

主にこの二つの工程の中で打ち合わせは行われます。

システムに対する要求やどのような機能を実装するかを決める重要な工程です。具体的な内容を説明いたします。

開発の工程で発生する主な打ち合わせ

システム開発は主に図のような工程で進みます。

関連ページ

一般的にシステム開発は、 要件定義 設計 開発 納品 運用という流れで進めます。システムの開発モデルシステム開発と一口に言っても、その開発の進め方に唯一の正解というものは存在しません[…]

打合せのある「要件定義」や「基本設計」は最初の工程になります。この設計までの工程は上流工程と呼ばれています。

要件定義での打ち合わせ

要件定義の進め方は大まかに下記の通りに進みます。

  1. 発注者(ユーザー側)へのヒアリング
  2. 要求の細分化を行い機能の策定
  3. 要件定義書の作成

要件定義での打ち合わせでは、発注者と開発者で開発するにいたって要件を話し合います。開発側はその要件を成果物として要件定義書にまとめます。

発注者の要求をどのようにシステムで実現するかを要件定義書に落とし込む必要があるため、要件のズレが起きないように、すり合わせは密に行う必要があります。

この工程の前に、発注者(ユーザー)の実現したい要求をまとめた「要求定義」がある場合もあります。

「要件定義」でのポイント

システム開発者は具体的に定義された要件のみをシステムとして組み込むため、認識がずれていると想定していたものと異なったシステムが完成してしまう可能性があります。

発注者側はこの時点でシステムで実現したい要求、機能がどのようなものか明確にし網羅しておくことで、ズレを抑えることができます。

また、要件の明確化を行うためには開発者に任せず、発注者も積極的に打ち合わせに参加することも重要になります。

要件定義に関してより詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。

関連ページ

現在の業務の問題点を洗い出して、何(どこ)をシステム化するのかを決めるフェーズが、この要件定義です。このフェーズで決定した要件をもとに「要件定義書」を作成し、開発を進めるための期間や人員の計画を進めていきます。システム開発では、ユーザか[…]

関連記事

実体のないシステム開発において、どのような要望や目的を満たすシステムを開発するのか、はっきりとイメージを持つことは難しいことです。ですが、「要求は伝えたから、あとは開発側にお任せしよう!」と解釈のすり合わせが行われないまま開発を進行[…]

基本設計での打ち合わせ

基本設計は要件定義で出た機能をシステムに組み込むとどうなるか設計するものになります。

一般的に基本設計までは発注者のレビューを挟み開発者の認識の相違をすり合わせることが多いです。

「基本設計」でのポイント

要件定義の段階でしっかりと必要な機能を洗い出した上で、設計時にズレが無いかを確認することが重要です。

基本設計に関して詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。

関連ページ

要件定義フェーズにて決定した要件ごとに、どのようにシステム化を実現するか決めるフェーズです。各機能や画面についての設計書を作成していきます。プロトタイプモデルの開発では、この段階でデモによる画面イメージや操作感の確認を行っていきます。設[…]

関連記事

システム開発の最初の工程「要件定義」の後に設計段階があります。要件定義では発注者と開発者の打ち合わせがとても重要となります。「要件定義で十分開発会社に要望は伝えたから、もう発注者の役目はないだろう」と思われるかもしれません。しかし、[…]

詳細設計以降

詳細設計は開発者側がシステムの中身の設計をする段階となります。

開発の工程に関しては下記ページをご覧ください。

関連ページ

一般的にシステム開発は、 要件定義 設計 開発 納品 運用という流れで進めます。システムの開発モデルシステム開発と一口に言っても、その開発の進め方に唯一の正解というものは存在しません[…]

開発においての進め方から見る打ち合わせ

以上のように、発注者と開発者同士の打合せは開発段階に入る前に行われることが多いです。

  • 要件定義、基本設計はシステム開発の最初の工程で、発注側の打ち合わせの参加が求められる
  • 要件定義では要求の実現を発注者に開発者がヒアリングし、システムで必要な要件は洗い出すため、発注者と開発者で認識違いを埋められるように、要求を明確化し、打ち合わせに参加する
  • 基本設計段階で発注者と開発者間で要件の認識にズレがないかを確認する

要件定義や基本設計の段階で目的、要件が明確になるように話し合うことで、システム開発の失敗も防ぐことができます。

システム開発の失敗例に関しては下記記事で解説しています。

関連記事

開発にはコストがかかるため、失敗はできるだけ避けたいものです。システム開発の失敗は残念なことに少なくありません。プロジェクトがうまく運ばず、システムそのものが完成できない。完成はしたものの納品されたシステムが当初[…]

メディアファイブの打ち合わせでは、お客様がご相談しやすいアットホームな雰囲気を心がけており、お客様からも「話しやすい」とご評価をいただいております。

また、東京、福岡を中心にお取引させていただいていますが、お客様のご相談内容に応じて遠方でのお取引も可能です。

お打ち合わせは御社へご訪問させていただきます。状況に合わせてZoomなどWeb会議システムを活用した対応もできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG