システム開発の相場はいくら?費用が高い理由を解説

システム開発を外注しようと考えられているとき、「費用が高い!」と感じることがあると思います。

実際に「モノ」の存在しないシステムが、なぜ高くなるのでしょうか。

どこに費用が掛かるかというと「人件費」です。具体的にはエンジニア毎への「単価」と工程ごとの「工数」が組み合わさって費用が割り出されるのです。

システム開発の発注をご検討されている方に向けて、メディアファイブでの開発実績の費用をご紹介、また、何に対して費用が掛かっているかを解説いたします。

システム開発の費用の相場

システム開発の費用は明確に掲示することが難しいです。システムの種類や機能、規模感、そして期間等様々な要素が影響します。

今回はメディアファイブでの実際の開発実績からの金額を例に紹介いたします。相場感をつかむ際にご参考ください。

システム種類開発期間開発費用機能概要
日報管理システム3ヵ月200~300万円
  • 日報機能
  • 月報機能
  • CRM機能
広告代理店さま向け
営業支援システム
4ヵ月700~800万円
  • データ集中管理機能
  • 契約書出力機能
保証書発行システム6ヵ月300~500万円
  • 電子印機能
  • 保証書出力機能
商社向け情報共有システム
(グループウェア)
6ヵ月300~500万円
  • 社内通知機能
  • 出退勤管理機能
  • 設備予約機能
  • メッセージ機能
  • ファイル管理機能
学習塾さま向け
総合管理システム
12ヵ月3,000~5,000万円
  • 売上管理機能
  • 銀行連携機能

関連ページ

お客さまシステム開発ってどのくらい費用かかるの?システム開発会社システム開発に必要な予算に関して分かりやすく解説いたしますシステム開発会社に委託する際の費用が気になりますよね。[…]

その他の実績は下記ページに記載しています。

主な費用は「人件費」

システム開発の主な費用は人件費

システム開発には実際の「モノ」に対する原価がありません。どこに費用が掛かるかというと、開発に携わるエンジニアに対してです。そのため、システム開発にかかる主な費用は「人件費」になります。

大まかな目安としては「エンジニアに対して設けられている単価×工数」から開発費が割り出されます。

具体的にどのように費用がかかるのか、「単価」と「工数」に分けて解説いたします。

エンジニア毎に発生する単価

エンジニアの単価は企業ごとにもですが、エンジニア毎に異なっている場合もあります。特定の知識が必要な際にプロフェッショナルなスキルや資格を持つエンジニアが参加する場合、その単価は通常より高くなります。

また、プログラマだけではなく、進行管理やマネジメントを行うプロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトリーダー(PL)や、設計を行うシステムエンジニア(SE)など、様々な役割を持ったエンジニアが参加します。

エンジニアの種類に関しては下記記事で解説しています。

関連記事

一口にエンジニアといっても、全員が「プログラマ」としてシステムの実装を行うわけではありません。プロジェクトを管理する「プロジェクトマネージャ」やシステムの設計を担当する「システムエンジニア」等、プロジェクト毎に役割があり、担当領[…]

各工程の作業工数

実際にプログラミングを行う以外にも様々な行程でエンジニアが参加します。発注者と開発者で、必要な機能のすり合わせを行い決定する「要件定義」や開発の前には要件定義で出た要件をシステムにどのように組み込むか決める「設計」段階があります。その他様々な行程を踏んでシステム開発は進みます。

つまり、各工程でそれぞれ工数が必要になります。

システム開発の工程に関しては下記ページでご説明しています。

関連ページ

一般的にシステム開発は、 要件定義 設計 開発 納品 運用という流れで進めます。システムの開発モデルシステム開発と一口に言っても、その開発の進め方に唯一の正解というものは存在しません[…]

費用を抑えるためには

開発費を抑えるには「工数」を抑えることが重要になります。

発注者側ができる対策としては、どのようなシステムを作りたいか「要件」を明確にしておくことで、開発側との認識合わせがスムーズに進み、打ち合わせの工数を減らすことができます。

システム開発の費用を抑える方法は下記記事で解説いたします。

関連記事

システム開発の発注を検討していく中で、「ある程度はコストを抑えたい…。」と考えられている方も多いかと思います。外注する際でも、できる限り予算は抑えたいものです。そもそも、原価の存在しないシステムでなぜ費用が多額にかかるかというと、そ[…]

また、失敗を防ぐことで、工数が増え見積よりも費用がかかることを防ぐこともできるでしょう。

開発で起きる失敗の原因と対策に関して下記記事で解説しています。

関連記事

開発にはコストがかかるため、失敗はできるだけ避けたいものです。システム開発の失敗は残念なことに少なくありません。プロジェクトがうまく運ばず、システムそのものが完成できない。完成はしたものの納品されたシステムが当初[…]

システム開発に費用がかかる理由

システム開発の費用に関してのまとめになります。

  • システム開発費の大部分は人件費による。
  • 企業ごと、エンジニアごとに単価が異なる、また、工数がかかるごとに費用は高くなる。
  • 工数を抑えることで費用は抑えることが可能。

メディアファイブ株式会社はお客様に合わせて予算内で可能なこと不可能なことを明確にし、提案させていただきます。

また、メディアファイブの見積は明朗会計です。

システム開発の費用にご不安をお持ちのお客様でも安心していただけるように、非IT分野で事業されているお客様にも分かりやすい項目立てを心掛けております。

画面・機能や工程ごとの金額が一目で分かります。機能開発を段階に分け、予算を抑える等のご相談もよく頂きます。

メディアファイブの「安くはないシステム開発だからこそ、十分に納得して頂きたい」という想いから成るものです。

システム開発をご検討されている方は、ぜひご相談ください!

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG