システム開発の期間に関して開発モデルと共に解説

システム開発を依頼する際に「どのくらいの期間で完了するのだろう」「機能ごとに小分けして素早くリリースしたい」等スケジュール感が気になる発注者も多いかと思います。

ですが、システムの開発期間というのは一律にはなっておらず、規模や開発するシステムの種類によって異なります。

そして、開発モデルによってもリリース速度が異なります。例えば要件が定まっておらず、必要機能から優先的に開発し短期間でのリリースを繰り返しユーザーの反応を見たい場合は「アジャイル開発」が向きます。

この記事では、発注を検討されている方に向けて、開発規模ごとの平均的なシステムの開発期間と、代表的な開発モデルをご説明いたします。

期間に関してはメディアファイブでの開発実績の一部もご紹介いたします。ぜひご参考ください。

システムの規模ごとの開発期間

システム開発の期間は基本的に規模ごとで異なります。

  • 小規模のシステムの場合は1~3ヶ月
  • 平均的な規模のシステムの場合は6~12ヶ月
  • 大規模なシステムの場合は2~3年

また、システムの種類ごとでも変わる場合があります。メディアファイブでの開発実績から一部事例をご紹介します。

メディアファイブでの事例

システムの種類期間
日報管理システム3ヵ月
広告代理店様向け営業支援システム4ヵ月
保証書発行システム6ヵ月
商社情報共有システム(グループウェア)6ヵ月
学習塾様向け総合管理システム12ヵ月

その他の開発実績は別ページに記載しております。期間と共に費用も記載しておりますので、ぜひご参考ください。

関連ページ

お客さまシステム開発ってどのくらい費用かかるの?システム開発会社システム開発に必要な予算に関して分かりやすく解説いたしますシステム開発会社に委託する際の費用が気になりますよね。[…]

代表的なシステム開発モデル

システム開発では開発モデルによって工程の進め方が異なり、それによって、リリース速度も異なる場合があります。ただ、リリースが速いから良いというわけではなく、それぞれ得意不得意な分野があります。

ここでは代表的な開発モデルの「ウォーターフォールモデル」と「アジャイルモデル」に関して説明いたします。

ウォーターフォールモデルとは

「ウォーターフォールモデル」は名の通り、滝のように上から下へ工程を下る開発工程のことを指します。決まった順序で進み、工程を終えると前の工程には戻ることはありません。

プロジェクトの要件が明確かつ、大規模な開発に向きます。

メリット

  • 流れが分かりやすく多人数での作業が可能なモデルになる。

デメリット

  • それぞれの工程が完了後に工程を進めるため、完了した工程の修正や戻りが困難であり、想定外のトラブルや修正が重なってしまった場合、開発期間が延びてしまう場合がある。

アジャイルモデルとは

「アジャイルモデル」はシステムを機能ごとに分け開発を行う手法です。この分けられた開発サイクルを「イテレーション」と呼びます。アジャイルではイテレーションを繰り返し行い、徐々にシステムを完成させていきます。

機能の追加や仕様の変更が多いシステムや、プロジェクトの計画が明確に決まっていない場合はアジャイルモデルが向いています。

メリット

  • 徐々にシステムを完成させるため、急な修正にも対応できる。
  • アジャイルは「機敏な」「素早い」等の意味があり、ウォーターフォールよりも短期間早ければ1週間程度でのリリースが可能になる。

デメリット

  • 管理の面から見ると、きっちりと計画を固めずに開発を繰り返すため、完成までのスケジュールが読み取りにくい。

各工程の内容は下記ページに記しています。

開発期間は状況によりそれぞれ

システム開発の期間は規模や工程によって変化します。

  • 小規模であれば1~3ヶ月かかる。
  • 一般的な規模であれば6~12ヶ月かかる。
  • 大規模な場合は2~3年かかる。
  • ウォーターフォールモデルは大規模なシステム開発に向いている。
  • アジャイルモデルは短期間のリリースが可能になる。

メディアファイブでの開発実績、期間に関しては下記ページに詳細を記載しています。

関連ページ

お客さまシステム開発ってどのくらい費用かかるの?システム開発会社システム開発に必要な予算に関して分かりやすく解説いたしますシステム開発会社に委託する際の費用が気になりますよね。[…]

この記事でご紹介した以外のシステムに関しても記載しております。ぜひ、ご参考ください。

また、システム開発は工数によって費用が異なります。メディアファイブではお客様からのご相談によって予算内での開発もご提案可能です。見積書は画面や機能、工程ごとに項目立てて作成しており、お客様から「分かりやすい」との評価もいただいているため、システムに詳しくないお客様でも安心してご依頼いただけます。

システム開発をご検討の際はぜひ、お気軽にご相談ください。

東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    ご担当者名必須

    ご担当者メールアドレス必須

    ご担当者電話番号

    御社名必須

    御社ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容必須

    ご希望のご連絡方法

    当社の個人情報の取り扱い内容について同意頂ける場合は、下記の同意にチェックを付けて「送信」ボタンをクリックしてください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG