1996年創業のメディアファイブ株式会社では、東京・福岡を拠点にシステム開発(SI事業)から 中小オフィス向けIT支援サービスまで、幅広いITソリューションをご提供しています。

納品後に不具合が発生した場合は相談できますか

システムが完成した後、発注者は検収を行います。検収に合格すると納品完了となり、発注者は開発者に報酬を支払います。

しかし、この納品後に不具合が発生した場合、修正は可能なのでしょうか。

「納品後でシステムに不具合が見つかった!」という発注者のために、納品後の不具合対応についてご説明いたします。

納品後に発生する不具合

システム開発において、不具合(バグ)の発生はどうしても避けられません。そのため、その不具合を開発者のテストや検収によってチェックするのですが、それらの過程でも発見しきれない事があります。

そんな不具合が納品後に発覚した場合でも、契約不適合責任が適用される範囲であれば、無償で修正が可能な場合があります。

契約不適合責任とは

システム開発における「契約不適合責任」とは、契約内容と不適合な不具合(欠陥や障害など)が存在した場合に、開発者はそれらを修正するよう定められた責任となります。

これは、2020年4月に「瑕疵担保責任」から民法が改正されたもので、

  • 変更前の「瑕疵担保責任」:納品完了から1年間
  • 変更後の「契約不適合責任」:不具合発覚から1年間

と期限が変更されており、この期限内に生じた不具合に対して開発者は修正する責任があります。

契約による適用の違い

開発者との契約方法によって適用の可否に違いがありますので、ご注意ください。

請負契約の場合

納品後に不具合が発覚した場合に、契約不適合責任が適用されます。

準委任契約の場合

納品後に不具合が発覚した場合に、契約不適合責任が適用されません。
これは、完成したシステムに対してではなく、システム開発の作業工数に対して報酬を支払っているためです。

関連記事

システム開発に対しての請求・支払方法はどのようなものなのでしょうか。その方法は契約によって異なります。発注されるお客様によっては「予算が決まっているのでプロジェクトの完成時点で支払いを行いたい」や「工程ごとに支払いを行いたい」等支払[…]

    納品後に不具合が発覚した場合

    メディアファイブでは納品後に不具合が発覚した場合でも、契約不適合責任に基づいて無償対応させていただきます。

    不具合が発生した場合は、ご遠慮なく安心してご相談ください。

    システム開発会社をお探しですか?

    お客さま
    システムの開発コストが不安…
    システム開発会社
    メディアファイブでは、予算を抑えたシステム開発のご提案も可能です。
    関連記事

    システム開発を発注する際、予算はできる限り抑えたいものです。発注者側からも対策できるシステム開発の費用対策に関して簡単にご説明します。システム開発の費用を抑えるにはシステム開発のかかる費用を少なくするには「人件費」を抑えることが必要[…]

    お客さま
    システムを運用できるか不安…
    システム開発会社
    メディアファイブでは、開発後の運用までを含めたワンストップサービスのご提供が可能です。
    関連記事

    システムは開発が完了して終わりではありません。そのシステムを実際に動かして利用してからが、本番かと思います。しかし、システム稼働には常にトラブルがつきものです。急な不具合や環境によるシステムの停止等が起こります。それによ[…]

    東京・福岡のシステム開発会社ならメディアファイブ株式会社

    メディアファイブ株式会社は、1996年にシステムエンジニア出身の代表が創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。もちろん、PマークやISMS認証なども取得しておりますので、ご安心してご相談ください。

    >システム開発会社をお探しですか?

    システム開発会社をお探しですか?

    メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年に株式上場した東京・福岡を拠点とするシステム開発会社です。
    また、弊社では中小企業のITトラブルを解決する支援サービス『オフィスドクター』も運営しておりますので、開発したシステムを納品した後も末永くお付き合いいただけます。

    CTR IMG